■ 美と健康塾

■ おススメアイテム

■ お店について

■ 美と健康コラム

■ メディア掲載事例など

■ ブロガーさんへ
「美」と「健康」塾
Lesson.7 便秘解消のために 〜 腸内細菌編 〜
善玉菌悪玉菌って、聞いたことありますよね。
腸の中には善玉菌と悪玉菌と、そのどちらでもない日和見菌が全て合わせて約100兆個住んでいます。
菌というと「きたない」イメージがあるかもしれませんが、実はとっても大切。
菌たちが栄養を作ったり病原菌と戦ったり、いっしょうけんめい働いてくれることで、わたしたちの体は健康を維持できるのです。
健康のためには、イキイキとした健康な菌を増やし、腸内細菌のバランスを良くすることが不可欠です。

ところが便秘の方は、善玉菌が減っていて、腸内細菌のバランスが崩れていることがほとんど。
腸内細菌が悪玉化しているから便秘になるのか、便秘だからよけい腸内が悪玉化するのか、タマゴが先かニワトリが先かといった話ですが、ともかく快適なお通じのためには、腸内細菌のバランスを改善しなければなりません。

善玉菌の代表といえば、ビフィズス菌乳酸菌など。
これらの善玉菌はお腹の調子を整えてくれるので、下痢にも便秘にも効果があります。

乳酸菌といえばヨーグルトが有名ですが、生きたまま乳酸菌が腸まで届きやすいのは植物性の乳酸菌です。
「植物性の乳酸菌?そんなのあるの?」
と思われそうですが、身近なところにたくさんあるんです。
たとえばお漬物や、お味噌
植物性乳酸菌がたっぷりで、腸を元気にしてくれるんですよ。

ちなみにちゃんと乳酸菌を摂るには、じっくり熟成して発酵させた食品でないといけません。
調味液を添加して短期間で作ったお味噌には、ピチピチした菌はすんでいません。

伝統ある製法でつくられた発酵食品の宝庫である「和食」には、お通じのための知恵がドッサリ詰まっています。
昔の人の知恵の結晶である和食を楽しみ、健康な腸作りに役立てましょう♪

発酵食品の宝庫「和食」で腸内細菌を元気にしよう♪
便秘の解消には腸内環境の改善がとっても大事。
でも腸内環境改善している間も便秘は続くの!
そんな方にはぜひこちらがおススメです  →→→  その便秘を解消するために!出したい.com